消費者金融の総量規制と対象になるお金のこと

消費者金融では総量規制という年収に対する制限があります。個人の年収の3分の1以上は借金ができないという法律で、法律の関係上、クレジットカード、消費者金融の2つの会社に適用されています。この制限の対象になるお金は個人の借金です。


消費者金融から自分のことに使うお金

自分の名義で、個人的なことに使うために借りるお金が、総量規制対象のお金です。個人の借り入れというと難しいイメージがつきやすいかと思いますが、個人的に借りて、買い物や生活費、その他、自分が何かをするために融資してもらったお金が個人的な借り入れです。個人事業主が借りた場合も、プライベート利用専用で融資を受ければ、これは個人的な借り入れに分類されます。


事業性資金なら総量規制対象にならず

総量規制対象から除外されるのは銀行で借りているお金や自動車ローンなどの他、会社名義で利用しているローンも除外となります。事業主ローンを利用していて、事業性資金にも利用できます、といったローンの場合は会社が借金をしていることとなるためです。その分、事業主ローンの審査は厳しいことも多くなっているようですし、収入証明書などの提出を求められるケースも多いようです。会社員の場合、借り入れは基本的に個人の借り入れとなります。

Comments are closed.