年齢によって異なる消費者金融審査

働き盛りの若い人達は消費者金融には縁がなさそうな感じですが、それでも利用者は多い。長引いていた不景気により定職につけず、アルバイトや臨時雇用などで生活をしている若者が多いことも原因の一つになっているようです。しかし、若者層であれば景気回復により働き口はどんどん拡大して行くので、金融機関にとっては顧客拡大には格好の対象になります。消費者金融の融資対象年齢は20〜65歳、60歳を超えても継続的に一定の収入があれば審査に通る可能性があります。退職して年金生活のみの人でも、年金収入があるので融資対象の可能性はありますが、金融機関毎による審査基準があるので融資可能かどうかは実際に申込みをして見るしかありません。


<ギリギリの人はまずは相談して見ることです>

年齢や年収が審査基準ぎりぎりの人は、比較的通りやすい消費者金融の窓口で相談してみることです。特に、銀行系の金融機関ではファイナンス的な専門の生活アドバイザーとの面談も可能であり、生活資金に関する有益なアドバイスも受けることが出来ます。


<審査基準クリアー後の対応>

若い人達で気をつけたいのが、安易に消費者金融を利用すると、情報機関に履歴リストに掲載され返済遅延などのネガティヴな状況が発生すると、返済が終わった後でも長年履歴が残り自動車ローンなどを組む際に支障が出る可能性があるので注意が必要です。

Comments are closed.